2016-04-01 15:23

☆お知らせ☆「あやしい彼女」

本日4月1日より公開になります、
水田伸生監督
「あやしい彼女」にちらりと出演させて頂いております(o^^o)❤
ママ友役でございます。
我が子にメロメロな日々でした❤

エイプリールフールな今日ですが、本当に本日公開です(^ー^)ノ
しかもっ今日は、映画サービスデー。
公開新作なのに、皆さま1100円でご覧頂けますo(^▽^)o
すごい〜〜!エイプリールフールだけど、本当の本当です❤
※劇場によって、違うかもしれないです…!


image1.PNG
はりきって前売券を買いました。
イヒヒヒ(o^^o)

笑って泣いて、懐かしい曲も満載で、家族ていいなぁと思う映画で、
なんだか母上に会いたくなりました。
一緒に映画館へ行けたらいいなぁと思います。

母上は明日お誕生日で、69歳になります。ロックだぜッ

素敵な週末を〜♪

2015-05-31 07:29

☆お知らせ☆「夫婦フーフー日記」

おはようございます〜

今日は、日舞の発表会です。
「連獅子」を踊らせて頂きます。
お芝居とは、全然違う緊張感があります。
こわぁぁい。
下手くそですが、楽しいです。

元気よく行ってきまぁす。


お知らせがございます。
5月30日より公開、
前田弘二監督「夫婦フーフー日記」

に出演させて頂いております。

フーフー日記は、あるフーフが綴った、闘病ブログが原作です。
撮影前に、原作「がんフーフー日記」を読みました。
闘病ブログなので、もちろん苦しい部分も沢山ありましたが、でも、優しくて明るくて。

映画では、死んだはずのヨメが、ダンナの前に現れた!
実話から生まれた、まさかの泣けるコメディです。

私は、佐々木蔵之介さん(ダンナ)と永作博美さん(ヨメ)のお友達、メグミ役でございます。

劇場は、
新宿ピカデリー、渋谷ヒューマントラストシネマ他

お時間がございましたら、ぜひご覧下さいぃ。

image.jpeg

 

2015-01-23 22:53

茶ばしら遠足〜2015

茶ばしら遠足2015は、木場監督に教えて頂いた、
東欧アニメをめぐる旅展へ、葉山へ行きました。

チェコアニメ好きとしては、とってもたまりませんっ。。
image.jpeg

とても天気のいい日で、
クロアチアとポーランドを見たところで、途中退場し、散歩へ出掛けました。

家々の小さな道の向うには、海が広がっていて、
「う”わぁぁぁぁぁぁ」と両手を広げて、小叫びしました。
どこかの歌詞のようで恥ずかしい次第でありますが、なんだか飛べそうな気がしました。
いつか三重県で見た海のようでした。

image.jpeg

みほさんの素敵なお店を見つける嗅覚に任せて入ったお店で(コレがいつも大当たりなのです)、
よき出会いをして、元撮影所の技師さんのマスターとお喋りしたり、常連さんに赤ワインをご馳走になったりして、
ほろ酔い気分で、また美術館に戻り、続きのチェコアニメをみました。

とても穏やかで、いい1日でした。

その晩、茶ばしら遠足2015の打上げをしたことは、書くまでもありません。

こんな感じの茶ばしらですが、
本年もよろしくお願い致します。

葉山の夕日:撮影:みほさん
image.jpeg

2015-01-13 13:03

未年

あけましておめでとうございます

今日もいい天気です

大晦日に
「母上、未年で年女ですねェ〜」
とゆったら、
「違うわよ、ママ、亥よ、亥。」
とゆって、猪の走る真似してくれました。
物凄い上手なので、
「すご〜い上手〜」
と感心してゆーと、
「ママ、瓜坊になりたいの〜」
とゆって駆けてゆきました…

そうね、瓜坊、よく背中にお猿を乗せてるものね。。
ちなみに、私は申年です。

感謝とともに
本年もよろしくお願い申し上げます

作:ゆめの
image.jpeg
 

2014-09-13 00:30

北欧*観劇日記

I'm home〜ハート
わたしの中学生レベルの英語能力とGoogle翻訳と感覚的な、かつ妄想解釈の観劇日記ですきらきら

フィンランドフィンランド
「STALKER」*言語:英語 
劇場は、文化ファクトリー的な劇場だったようです。

映画(たぶんロシア映画「ストーカー」)に影響をうけて作ったとゆうこのお芝居。ノルウェーで賞をとったらしいです。
出演者がなんにもせず、まんまの佇まいでただただ観客を眺めるものだから、見ているのか、見られているのか、分からなくなる。

ヨガの先生みたいな話し方で、マインドコントロールされているような気分になってきたりして。
途中の不快な爆裂な騒音に帰る人もいる。前衛的でわたしは面白かったです。


スウェーデンスウェーデン
「LOLITA」*言語:スエーデン語
文化センター的なところにある劇場のひとつ。
ポスターはすごくキュートでロリータの話も知っているし、期待大!

とっところがっ登場したロリータが、ふてぶてしさの骨頂で凄くかわいくない。
それにメロメロなエロ教授が滑稽でした。

舞台上や楽屋につねにカメラが回っていて、瞬間的にCGがどんどんくみこまれていって、実景+CG効果の映像。
しかし、酔ってしまった。。CGを使うため、グリーンバックなんです。


スウェーデン「KAMELIADAMEN」*言語:スウェーデン語(デンマーク語)
劇場は文化センター的な所の大ホール。たぶん演出はデンマークの方ではないかと。
見ているうちに、むむむ、これは、椿姫なんではないかと・・・

俳優さんの肉体表現(シルエット)や美術も素晴らしくよかった。
最後の台詞がどうしても気になって、誰かに聞くかと思ったけれど、
この言葉を言ったに違いない、いや言って欲しいなぁと思って、調べたらそうだった!興奮して全然寝れませんでした。


ノルウェーノルウェー
「PEER GYNT」*言語:ノルウェー語(英語字幕あり)
ノルウェーに行ったら、絶対にイプセンを見るって決めていたんです、わたし。
劇場は国立劇場。あまりにも素敵な劇場でドレスコードはある?って聞いてしまった。(ないみたいわらう

千秋楽で超満員。
わたしには少しやりすぎ感があったけれど、とっても評判がいいみたいで、スタンディングオベーションの嵐。
ここは、自分に正直になろうと、わたしは立ちませんでした。

だけれど、shamsoさ役の方の声がものすご〜く美しくて心地が良くてもっと聞いていたくて、スーパー心が震えました。
劇場の外に出たら真っ暗で、別の意味で心が震えました泣


デンマークデンマーク
「THE DARK LADY」*言語:デンマーク語
デンマークでは案内所へ行って、めちゃくちゃ語りました。
スタッフの方々と仲良くなり、みんな協力してくれました。感謝感謝。
「ごめんなさい、わたしの英語、悪いでしょう…」って言ったら、
「そんなことないよ!」と言ってくれましたが、
「わたしクレイジーだから…」って言ったら、
「うんうん」と納得。否定してくれませんでした笑
「これがいいわ」と言って調べ上げてくれたのが、シェークスピアを船の劇場で見るこのお芝居。

劇場にアジア人が珍しいみたいで、スタッフのおば様は気さくに話しかけてくれて、コーラをくれました。
一人芝居ではじめの冒頭でがっちり心をつかまれ、あっとゆう間でした。

終演後、おば様が出演者の方と「会っていきなさいよ〜」と言ってくれたんですが、
「わたしの英語はとても悪いから…」と、もじもじしている間に、
いきなり本人を呼び出し、お話させて貰いました。
「わたしも、日本でお芝居してまっすっ」って言ったら、
「わお〜同業者だね〜」みたいになって
「やっぱりデンマーク語だから、分からなかったでしょ?」
と言われたので、ここは、大先輩ブルース・リーさんの言葉をおかりし、
Don’t think, feel!言葉は分からないけれども、感じるものだから!」って言ったら、
「ちょう分かるよ〜(的なこと)」を言ってくれて、固い握手ピース



今回の旅で決めていることがあって、ヘタクソでもなんでも、挨拶とお礼は必ず、その国の言葉ですること。
100%の確率で、みんな笑顔で「どういたしまして」と各国の言葉で言ってくれました。(空港をのぞく=3
国、容姿は違えども、人は人ですねにた


応援してくれた友達・先輩方・家族・むこうで出会った日本の方々、各国の方々。全ての方々に。
キートス(フィンランド語)・タックソミュッケ(スウェーデン語)・トゥーセンタック(ノルウェー語)・マンゲタック(デンマーク語)・ありがとうございました(日本語)


自称、真面目な職業の心優しいアホな酔っぱらいが言ってました。
「良き人生を〜ハート
 

| 1/69PAGES | >>

△Top

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

Search

Recent Comment

Profile

Mobile

qrcode