ゆめの商店

〜えんげき極道楽〜

<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ☆お知らせ☆聖母・聖美物語 | main | ☆お知らせ☆「直子の部屋」DVD化決定! >>

猫パンチ

最近、胸がきゅんとした事を書きます。

母上はやんごとなき事情により、ジムに行き始めました。
ヨガとかはあんまりだったらしく、母上が選んだのは、
“格闘技エクササイズ?”のクラスでした。
自分のピラティスのクラスが終わり、母上をお迎えに行きました。

イケメンの若い先生に、おばちゃん(失敬)の生徒3人。

先生はかっこよく、右・左・とパンチをしています。
おばちゃんたちは、かなりおぼつかない様子で、右・左・とパンチをくりだしています。まごまごしつつ母上も
右シュッ・左シュッ・
ストレートのパンチでなく、なぜか、右上から左下へ、左上から右下へ、
どう見ても、猫がパンチしているよなパンチです。
(ここで胸キュン 

右・左・キック・
キックは低く、一瞬すぎて、いったい相手のどこを攻撃しているのか、分からないほどです。
(胸キュン◆

次に、相手のパンチを想定して、よけます。
右・左・キック・よける・
完全に自己流かつ自分のペースになっている。
(胸キュン)

これが本当の格闘技だったら、今頃ボッコボコにやられていることでしょう。

パンチの構えも、なぜか、パ〜。
パンチじゃねくて、これ、ビンタになるわね。
(胸キュンぁ

教室の中から、外にいる私を見付け、笑って手を振ってくれました。
(胸キュンァ

そして、疲れたねぇなんて言いながら実家に帰り、ふたりでお昼寝しましたとさっ。

おしまい。
- | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://yumenosyouten.chabashira2.com/trackback/1259125
この記事に対するトラックバック